2009年07月22日

ブランド産品紹介(第6回)瀬戸内の銀鱗煮干し

06銀鱗煮干し-03.jpg


 産品紹介、6品目は「瀬戸内の銀鱗煮干し」です。

 「煮干し」は昔から親しまれ、台所になくてはならない食材です。
 全国で漁獲されますが、とりわけ瀬戸内海の流れの速い海域を回遊する「カタクチいわし」で作られたものが美味で人気です。
 「瀬戸内の銀鱗煮干し」は魚を傷めないため、漁獲後手で魚をすくい塩と冷風乾燥で干し上げた、漁師の手作りの煮干しです。
 輝く銀色のウロコが魚の旨味を封じ込めるため、あっさりとした旨みのあるダシがとれます。
 そのまま、酒の肴やおやつとしても美味しく召し上がれます。

 ブランド認定後、東京で何回か試食PRを行いますと、多くのお客様がリピーターになってくださっている様子です。
 特に関西出身で現在首都圏にお住まいの方は、「いりこ」として懐かしんでいらっしゃいます。


posted by シロ at 12:00| Comment(0) | 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。